医学部予備校の情報が満載!

医学部の再受験は不利になる?

医学部の再受験は不利になる? 医学部の再受験は原則的には不利になる事はないのですが、絶対的に不利になる事はないと断定できる事はないというのが今の実情という事になるのかもしれません。
昨今では、性別によって女性の点数を一律に下げるというような事も行われていたという事が分かっています。
しかも、それは一つの医学部だけのことでは無く、複数のところで行われていたという事も分かっていますから、同じような事が再受験の生徒についても行われないというような事は断定出来ません。
ただ、このような事が判明しましましたから、逆にこれからはなかなかこのような事をしにくいという事も言えるでしょうし、試験の結果を公開するというような事も行われるような対策もあるかもしれませんから、今後はなかなかそのような事にはなりにくい社会になるという事は言えるのかもしれません。
原則的なものが実行されないという事はよくあるのですが、それでも社会問題となったという事は大きな意味があると考えて良いでしょう。

医学部への再受験を目指す人が増えています

医学部への再受験を目指す人が増えています 現在の医学部人気は凄まじく、関東圏の私立医学部ともなれば倍率が20倍を超えることも珍しいことではありません。
私立医大だと募集人数が100人程度であるにも関わらず4000人以上が受験することはもはや一般的となりつつあり、合格することはそれだけ狭き門であると言えます。
そんな医学部ですが、一度大学を卒業した人や社会人が大学を受験する再受験生が増えています。
再受験の方法は、一般的な浪人生と変わりありません。
国公立大を志望校としている人はセンター試験を受け、各大学の二次試験を受けます。
センター試験の願書は自ら請求する必要があります。
注意点としては、年齢や経歴に厳しい大学が存在するということです。
どの大学も必ずしも年齢や経歴に寛容であるわけではなく、実際に現役や一浪までしか取らない学校も多く存在しています。
せっかく合格する学力があっても、受験校選びを間違えてしまっては努力が水の泡になってしまいます。
そのため、医学部を受験する際には情報収集が大切です。
関連する書籍などには現浪比を記載しているものも多く出版されていますから、それらから情報収集することを心掛けてください。

新着情報

◎2019/3/29

医学部を目指す人の勉強量
の情報を更新しました。

◎2019/2/18

受験までのスケジュール
の情報を更新しました。

◎2018/11/30

サイト公開しました

「医学部 不利」
に関連するツイート
Twitter